人間性を磨く

己を磨き、知性を深め、指導者として成長する

Lang Leaves Academyでは、指導者の人間性が磨かれてこそ素晴らしい教育が可能となると信じています。あなたが自身の「最高の指導者素質」を引き出し、それを活かしてこそ、あなた自身もまた生徒の「最高の素質」を引き出すことが出来るのです。

コーチング

Lang Leaves Academyでは、あなたが自分の生きるべき道の確認をおこないながら自己効力感を高め、自分の望む生き方をしていけるようにするためのお手伝いをしていきます。

ポイントは宇宙の法則に従うことであなたの物語を円滑に進めていくということ。特に英語講師向けに特化したコーチングですから、これから英語を教えていきたいと願う人や英語講師として次のステージへと成長していきたい人には最適な「自分を知る機会」となるでしょう。

勉強会

Lang Leaves Academyでは不定期に「人間性を磨く勉強会」を開催しています。勉強会開催の旨はこちらのメルマガにてお知らせしていますので興味のある方はご登録ください。

過去の勉強会の様子はこちらからご覧いただけます。

「英語コーチとして英語を教えるということ」

「人間性を磨く講義」

コーチングのポイント

生きるべき道チェック

あなたが成し遂げるべきことについて考えたことはありますか?あなたが挑戦したいことを闇雲に始めるのではなく、あなたが今世で成し遂げるべきことと組み合わせることで一気に物事がうまく進み始めます。

バランスを意識

この世の全ての事象には二面性があります。その法則を無視してしまうのではなく、自ら常にバランスを取ろうとすることで真の平安と愛の状態でいられる時間を増やしていきましょう。

地に足のついた状態で

知識を取り込み、腑に落とし、自分の叡智としていくためにも必要なのは地に足のついた状態。そんな状態で日々過ごせるように、心身の両方を整えることが大切です。

意識の拡張を

英語講師として成長していく以上、具現性を伴った知識や知恵を蓄えていくことも大切です。世界目線を持ったコーチと触れることで視野を広く視座を高くし、意識の拡張をおこなっていきましょう。

システム/料金

コーチング
¥200,000 6 months
  • 初回月3回+毎月2回
  • 全13回のセッション(各60分)
  • 受講中はLang Leaves Academy開催のイベントに無料参加が可能
  • 3 months契約(全7回、¥130,000)の受講も可能

こんなあなたにオススメ!

これから個人事業主として英語を教えたい!
既に英語を教えているけど、活動の幅を広げたい!
独りよがりな状態にならないように英語を教えていきたい!

コーチングの進め方

1:リラックスしてコーチングを受ける

自分を良く見せようと気負う必要は一切ありません。旧友と会話を楽しむかのようにリラックスした状態でコーチングに臨んでください。

2:まず、あなたの生きるべき道を確認

初回セッションではあなたの生きるべき道を確認していきます(数回のセッションに渡っておこなうこともあります)。そしてあなたが望む方向とあなたの最高価値を結び付け、最高のパフォーマンスに繋がる舞台を用意します。

3:気付きを日々の生活に活かす

毎回のセッションを通して得る気付きや学びは、必ず普段の生活や仕事に反映させていきましょう。英語教育や言語学に関する専門的なサポートを受けることも可能です。

Any Questions?

詳しくはお問い合わせページより、お気軽にお問い合わせください。

クライアントの声

上條麻子先生

なみの英語リズム 専任講師

中井翔先生

京都府 大学講師(英語)

当初よりもっと深い視点から執筆をすることができた

今回教材制作が初めてということもあり、右往左往しながらの制作だったので、制作に関するフォローを頼むことができたのは本当に心強かったです。直子さんは言語学・音声学・英語の教授法の豊富な知識があり、英語の達人ですので、頼むにあたってとても安心感がありました。執筆内容に関しては細かなフィードバックをしてくださり、それでいて私が書きたい内容を尊重してくださったのがとてもうれしかったです。執筆内容に信頼性を持たせるための問いかけやアドバイス、参考文献などはとても役に立ちましたし、フォローしてくださることで自分自身の知識も深まり、当初よりももっと深い視点から執筆をすることができるようになり、内容により自信を持てるようになりました。(中略)教材制作は長い道のりで途中息切れしたのですが、アイディアをとても面白いと言ってくださったり、励ましをしてくださったことが支えになりました。

お金には変えられないほどの貴重な時間

私はTOEIC講座を担当することが多いため、TOEIC対策クラスにおいて、どのように教えて頂いたアプローチを応用できるかについてミツイ先生からアドバイスや気付きを沢山頂き、目から鱗でした。ミツイ先生の半波ない知識と、アメリカで15年以上に渡って養われた感性や経験を共有してくれることを考えると、お金には変えられないほどの貴重な時間を貰えました。

N. H. さま

日英翻訳家・作家

清水健雄先生

英会話ファーストステップ 学長

アドバイスは私の経歴を最大限に活かせるものでした

コーチングを生まれて初めて体験して分かったことは、「これ、ええやん!」ということ。まずは安心感。そして、褒めていただける嬉しさでしょうか。自分以外の方に褒めていただける、自分を信じてもらえるということは本当に自分にとって嬉しい価値のある体験でした。直子さんはこちらの思いに対し、いつも具体的に対応してくださり、100%以上のパワーで対応してくださっているのが伝わってきて、メッセージをいただくたびに、自分のパワーの源になっていたし、心が満たされていました。さらに、なんども「おおっ!」と考えさせられる言葉をたくさんいただいて、心にぐいっとくる経験を何度もしました。(中略)直子さんはちゃんと私を見て私にあったアドバイスや問いかけを与えてくださったのが、とても良くて、そこは直子さんの知識の広さというか、いろんな意味で大きな視点でいろんなことを捉えられている直子さんの素晴らしい点の1つです。おかげさまで苦しいところを乗り越えられたので、今は(自分評価では、、、笑)一歩上の世界から見えているというか、新しい世界に上がったと思います。英語の勉強は今まで以上に楽しくなりました。

アドバイスは私の経歴を最大限に活かせるものでした

私は特定の教室を持たず、カフェでのマンツーマンレッスンをしています。市販のテキストを使ってのレッスンですが、この方法では『大多数の中の一人』の英語講師であることを痛感し、他の先生にはないオリジナルテキストを作りたいと考えるようになりました。そんな中、ミツイさんが主宰しているFBグループへのある投稿をきっかけにミツイさんにテキスト作りのサポートをお願いすることにしました。テキストのひな形を作成し、ChatworkやSkypeを通じていろいろアドバイスを受ける形式です。ミツイさんのアドバイスやコーチングの特徴は、常に大きな写真を描いてそれに基づいた細かな気付きやアドバイスをくれることです。特にミツイさんのアドバイスはとても丁寧でかつこちらの意図した以上です。一番印象的だったのは、最初のひな形テキストを見て私の意向を確認したうえで『このプログラムの売りはこうしましょう』と私の強みを最大限に活かしたアドバイスをくれたことです。私は他の内容を考えていたのですが、ミツイさんがくれた内容については全く考えていませんでした。でも、そのアドバイスは私の経歴を最大限に活かせるものでした。それ以来、私はミツイさんを100%信じてお願いすることができました。『一歩先行く英会話講師』を目指すならまずはミツイさんに相談することをお勧めします。一歩どころか、二歩・三歩先行くアドバイスを受けらえること間違いなしですよ!

実例:麻子先生の場合

岡山県でご活躍されている上條麻子先生とは、麻子先生が初めての教材開発をされている時にご縁をいただきました。

1:自分で教材開発を開始

麻子先生はまずご自身で教材を作られていました。初めての教材開発に不安も感じられていたようです。

2:LLAミツイからのフィードバック

Lang Leaves Academyミツイが教材開発のサポートをさせていただくことになりましたので、出来上がっているものを拝読させていただき、フィードバックをご提供しました。

3:Skypeでアドヴァイスを受ける

Skypeでお話をさせていただき、参考文献の紹介を含む、より具体的なアドヴァイスをさせていただきました。麻子先生の場合、ミツイが教えている音読セッションも参考になると思ったので、そちらのコースの詳細もシェアさせていただきました。

4:再度、教材を書き直す

ミツイからのフィードバックやアドヴァイスを基に、更に専門性の高まった「麻子先生らしい」教材を加筆修正してくださいました。地道な作業ですが、この時は不安がなかったそうです。

5:ミツイによる最終確認

麻子先生のイメージや対象生徒に合った練習問題用の英文も執筆させていただきました。また、長い時間をかけて教材執筆をしていると自分の間違いには気付きにくくなってしまうもの。最終確認の役割も担当させていただきました。

6:ネイティブ音源を受け取る

麻子先生の教材にはネイティブスピーカーの会話音源が必要でしたので、そちらのアレンジ(希望のアクセントを持ったネイティブとの契約・費用支払い・収録・編集)をも担当させていただきました。

7:教材販売を開始

麻子先生が一生懸命作られた質の高い教材は多くの方にご購入いただき、多くの方のリスニング力アップに役立っています。

英語リスニングにお困りの生徒さんをお持ちの方は、麻子先生の作成された教材「なみのリズム英語 リズム音読で英語リスニング・トレーニング」を是非ご覧ください。

実例:健雄先生の場合

岐阜県でご活躍されている清水健雄先生とは、健雄先生が初めてのカリキュラム作成をされている時にご縁をいただきました。

1:自分でカリキュラム作成を開始

健雄先生はまずご自身でカリキュラムを作られていました。初めてのカリキュラム作成において「どんなことに気を付けるべきなのか」「こんな感じで良いのか」と、どうにも自信を持てなかったそうです。

2:LLAミツイからのフィードバック

Lang Leaves Academyミツイがカリキュラム作成のサポートをさせていただくことになりましたので、出来上がっているものを拝読させていただき、フィードバックをご提供しました。ここでカリキュラムのコンセプトを大きく変えることになりました。

3:新コンセプトに合わせて修正

ミツイが提案させていただいた新しいコンセプトを気に入っていただけたので、健雄先生はそれを軸に、カリキュラムを変更されました。

4:SKYPEでアドヴァイスを受ける

メールのやり取りでは伝わりにくいところをSkypeで確認していきました。この時に、健雄先生の新しい構想もたくさん教えていただきました。

5:ミツイによる最終確認

健雄先生のカリキュラムでは沢山の英文を教材として使用するので、その内容やレベルの確認、それに合わせた練習問題の確認を含め、全体の最終確認もさせていただきました。

6:完成後、モニター生に教える

作成したカリキュラムによって本当に生徒が結果を出していけるのか、そんな授業が行えるのかを確認するためにもモニター生を募集し、健雄先生は実際に英語を教え始めました。LLAではモニター生募集のお手伝いもさせていただきました。

7:渡米を繰り返し、最新の教えを

健雄先生のカリキュラムに適した情報収集のためにも米国現地に足を運び始めるきっかけ作りをさせていただきました。今では健雄先生は年に一度は米国を訪れて、最新情報を基にカリキュラム調整を行われています。

健雄先生のカリキュラムを軸にしたプログラムはこちらです。

s2Member®